2008年02月01日

一度はおいで建長寺の詳細

鎌倉五山第一位、臨済宗建長寺派寺院総本山

建長寺は、わが国初の本格的禅宗道場として創建されたお寺でけんちん汁の発祥のお寺でもある。
広大な敷地には見処が沢山あり京都から移築された総門、銅板葺き屋根入母屋造りの三門、芝・増上寺の廟所を移築した仏殿、住職が説法される関東最大の法堂などがある。

山号:巨福山建長興国禅寺
宗派:臨済宗建長寺派寺院総本山
創建:建長5年(1253年)
開基:北条時頼
開山:蘭渓道隆
本尊:地像菩薩坐像
寺宝:絹本淡彩蘭渓道隆像、大覚禅師墨蹟、梵鐘(国宝)
   :山門、仏殿、法堂、昭堂、唐門(国重文)
   :木造北条時頼坐像、大覚禅師塔(国重文)
   :方丈庭園(国指定史跡・夢想国師作の名園) 
   :鎌倉三十三観音(第27妙高院・聖観音、28番千手観音、第29番龍峰院・聖観音)
   :鎌倉二十四地蔵(第9番綿帽子地蔵、第10番斉田地蔵 、第11番身心地蔵)   
   :その他絵画、書の優品多数(大部分は鎌倉国宝館に寄託)
行事:旬宝物風入れ(11月初旬)
花見:樹齢750年ビャクシン、桜、ぼたん、あじさい、いわたばこ、はぎ、紅葉
ラベル:建長寺
posted by 買物上手 at 14:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。